レクサプロが犬に処方されることはあるの?

レクサプロを人間が服用するのはうつの治療の為ですが、昨今は犬もうつ治療の為の抗うつ薬の投薬が行われているケースもあります。しかし、それはとても少ないケースであり、基本的には犬や猫のペットにとって害であることは間違いありません。どちらかといえば、レクサプロをペットが誤って飲んでしまうケースの方が多いでしょうから、誤飲した際の対処法についても解説していきます。

レクサプロがうつに効果がある仕組みは?


レクサプロはどんな仕組みでうつ病に対して効果があるのでしょうか?脳内は神経伝達物質というものが絶えず放出されており、これを介して情報が伝達されています。

 

うつ病の状態では、この脳内の神経伝達物質の量が減っているので情報伝達能力が下がっています。そうなると、何かをやろうという意欲が下がったり、気分が落ち込んだりといった症状として出てきます。この状態の解決方法としては減っている神経伝達物質を増やせばいいのです。

 

レクサプロはSSRIというジャンルの抗うつ剤ですが、SSRIとは「選択的セロトニン再取り込阻害薬」の略となっています。こう見るととても難しそうなので最終的に何をするのかをざっくり説明すると、神経伝達物質の中の一つであるセロトニンの数を増やす効果を持っています。神経伝達物質であるセロトニンを増やすことで抗うつ効果を得ているのです。

 

脳内に放出された神経伝達物質は役目が終わると再び細胞内に取り込まれて、放出と取り込みのサイクルを繰り返して一定数を保っています。このうちの取り込みの方を邪魔することで脳内の神経伝達物質の数を増やしているのがレクサプロなどSSRIです。

 

レクサプロは犬に処方されるの?

 

昔は、家の外につないで飼っているのがほとんどでした。しかし、昨今では狭い家の中で、1日中1人ぼっちで留守番することによりストレスがたまってしまい、抗うつ剤を処方されるペットが急増中です。

 

誰もいない家に何時間も取り残され、飼い主との長時間離れいることで、活動過多、強迫性行動、不安神経症といった症状が出てしまうリスクが高まっているようです。

 

こういった犬に向けて抗うつ剤が処方されるケースもあるようですが、あくまでそれは犬用の物です。人間用の抗うつ薬であるレクサプロが処方されることはないようです。

 

レクサプロをを誤飲した時の対処法は?


これまでの説明でわかるようにレクサプロの服用はペットにとって害があります。なので、ペットに与えたことのある人よりも、人間用の薬をペットが誤飲してしまったというケースの方が圧倒的に多いはずです。

 

誤飲があったら少しでも早く動物病院に電話すべきですが、併せて応急処置も行っておきたいところです。ペットがレクサプロを誤飲した時の対応について解説していきます。

 

犬がレクサプロを誤飲した時の症状は?

 

もしも犬がレクサプロを誤飲してしまった瞬間を目撃したのであれば、すぐにでも行動できるでしょう。しかし、基本的に誤飲は飼い主の目を盗んで行われるものです。犬の様子がおかしいということで、すぐに誤飲とひらめけばいいのですがなかなかそうもいかないでしょう。

 

前もって、下記の症状を把握していれば、すぐにでもレクサプロの保管場所をチェックして誤飲だと判明するでしょう。動物病院に連絡する時も「よくわからないけど犬の具合が悪い」よりも「抗うつ剤のレクサプロを犬が誤って飲んでしまった」と連絡した方が、正しい対応方法をおしえてもらえるでしょうし、病院もそのように受け入れ準備を行い即座に治療に入れるでしょう。事前にレクサプロを飲んでしまったらどんな症状が出るのかを覚えておいた方がいいでしょう。

 

犬が抗うつ薬を誤飲した時の症状

無気力
高熱が出る
血圧と心拍の増加
鳴く
震え

 

犬は人間と比較すると肝臓で薬を分解しする能力が弱いです。なので、自力で薬を体の外に出すのには時間がかかるでしょう。誤飲してしまったら少しでも早く動物病院に連絡して指示を仰ぎましょう。

 

犬がレクサプロを誤飲した際の応急処置について

 

もしも、犬がレクサプロを誤飲したのであれば一刻も早く動物病院に連れて行くのがいいでしょう。ですが、すぐに車が出せなかったり、病院が遠いため到着までの時間がかかるのであれば、まずは応急処置をしておきたいところです。

 

することとしては、飲み込んだ薬を吐かせるという物で、遅くなると飲み込んだ薬の成分が溶け出してしまうのでなるべく早く行った方がいいでしょう。方法としては二つあります。

 

濃い塩水を飲ませる

塩ならば常備しているでしょうし、仮になくてもすぐ手に入るはずです。水に塩を溶かせるだけ溶かして、飽和食塩水を作りましょう。

 

飲ませる量は、

 

小型犬(体重5キロ)なら10cc
大型犬(体重30キロ)なら60cc

 

ほどが目安です。

 

オキシドールを飲ませる

消毒用のオキシドールがあればそちらを使ってもいいでしょう。

 

小型犬(体重5キロ)なら1cc
大型犬(体重30キロ)なら6cc

 

この位の量を目安に飲ませましょう。塩水を作る手間を省略できますし、飲ませる分量も少ないですから迅速な処置ができるでしょう。

 

いずれかの方法で、吐かせることに成功したとしても安心せず病院に行くようにしましょう。応急処置は治療ではありませんので、病院で正式な治療を受けましょう。

 

常日頃からレクサプロの数を確認して誤飲かどうかすぐわかるようにするほか、そもそも誤飲が起こらないように保管場所に気をつけたり、服用の際に周りにペットがいない場所での服用を心掛けましょう。

 

レクサプロはこんな薬


レクサプロの概要は、日本においては2011年4月に認可された比較的新しいタイプのSSRIの薬ということです。SSRIの薬はレクサプロの他にも数種類あるので、服用する患者さんとの相性を考えて投与することができます。SSRIの薬は作用が同じなので、副作用や効果が全く同じだと考えられがちですが、薬によって血中濃度の高まり方が異なったり、効果が発揮されるまでの期間が違う場合があります。

 

脳内化学物質のセロトニンの受容体に働きかけて、脳内のセロトニンの量を安定させる効果がありますが、数多くの脳内化学物質の中で選択的にセロトニンだけを増やすことに対する一定のリスクについて将来的に考慮する必要があるとされています。

 

SSRIの薬は家に閉じこもりがちのうつ病患者や電車などに乗るのが怖くなってしまったパニック障害患者に投与されますが、この薬を服用したからといってすぐに効果が出るものではなく、毎日の生活を少しずつ改善する努力も必要になります。

 

レクサプロなどのSSRIの薬は認知行動療法と同等の効果が認められているので、両方を行うことでかなり高い確率でうつ病などの病気を完治させることができます。近年では脳を直接刺激する技術も開発されていますが、レクサプロのような薬で治療するのが一般的です。